食べログプレミアムサービス

【群馬名物】焼きまんじゅうセット 原嶋屋総本家 テイクアウト

最近ではB級グルメとしてもたびたびテレビやメディアでも取り上げられる、群馬名物の「焼きまんじゅう」。その焼きまんじゅうがおうちで楽しめる前橋市平和町にある原嶋屋さんの焼きまんじゅうセットをお土産でいただきました!

安政4(1857)から続くこの原嶋屋の焼きまんじゅう。お店は、その当時の初代の生家を復元したもの。

以前原嶋屋さんの店内でいただいたことはあったのですが、風情のある店内で、甘味噌ダレのかかった群馬名物 焼きまんじゅうとお茶と、雰囲気、味、共にとても美味しかった記憶です。

その味を自分の家で楽しめる、このテイクアウトギフト!これはなんとも楽しみです。

テイクアウト。まず、袋がインパクトw

からっ風 吹いてもはなすな 焼きまんじゅう

裏面

雷が 落ちてもくいつけ 焼きまんじゅう

wwwww

群馬の有名なからっ風にも雷にも負けず焼きまんじゅう食うwwwwwなんとも力強いメッセージの袋ですw

原嶋屋 焼きまんじゅうキット

包装にもこだわりが!一面前橋市の地図になってます。

箱をオープン

焼きまんじゅう25個に原嶋屋さん自慢の味噌だれ2袋、味噌を塗る刷毛に焼きまんじゅうを刺す串。それと焼き方のパンフレットやお店の歴史のカタログが入ってます。

セットの中の付属品として、ミニ竹ぼうきのような刷毛と、焼きまんじゅう用の串が3本。

裏面には刷毛と串を使う時の注意書きがあります。

一度お湯で洗ってから使うと毛が柔らかくなり、味噌が塗りやすいようです。

店頭で食べる時は、この串に4cm×4cm程度の焼きまんじゅうが4つ刺さっていて一本¥220で食べられます。

焼きまんじゅうの美味しい食べ方のレシピがこちらです。

5個一袋になっているのをそのまま蒸すと剥がれやすいと追加の紙がはってあります。

蒸し器で蒸す時は、強火で3.4分。電子レンジの場合は、霧吹きなどで少し水分を補ってからチン。荒技として、炊飯器の保温時にご飯の上に乗せてもふっくら蒸されるという一石二鳥のやり方もwww

蒸し終えたら、味噌ダレを着けてからきつね色になるまで味噌を塗っては返しを繰り返す。

火は弱めか、遠火が良いそうです。

オーブントースターやグリル、フライパンで焼くときは串には刺さずに箸などで裏返します。

けっこー味噌たっぷり目が個人的には好みなので、タレ足りるか心配だ。と、思ったけども、

味噌ダレの他に、バターやジャムを塗っても美味しいとあるので、そんなアレンジ焼きまんじゅうも一緒に楽しめそうでいいですね!お店では食べられないオリジナルの焼きまんじゅうの新たな美味しさの発見もできそうです。

ちなみに、賞味期限は、10日前後のようですね。

予習もできたので、早速作ってみようと思います♪

この原嶋屋さんの焼きまんじゅうキットは、お土産にもってこい!子供がいるご家庭には食育にもなって一緒に楽しく作れそうですね。また、老若男女どの世代からも愛される味なので、群馬のお土産に迷ったら、原嶋屋さんに行ってみよう!

原嶋屋さんの焼きまんじゅうは、群馬県佐波郡玉村町の飯玉屋さんでも食べられます。タレの感じが原嶋屋さんの方が焼き込んである雰囲気。飯玉屋さんの方がサラッとした味噌。という印象です。

イートイン、テイクアウトどちらも楽しめるので食べ比べてみては♪

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました