【FX-⑥】FX利益確保の損切り方法!「追いかけっこFX」OCO活用

FXの目的は、利益を積み重ねること。これにつきます。そして取引通貨ペア、例えばドル円が上に上がっても下に下がっても利益を得られるという事です。

大前提「マイナス損切り」はしない!

FXをはじめて、注文を繰り返しながら利益を得ていきますが、自分の思う方向の逆(例えばロングの注文を入れたが、下がってしまった)にいってしまった場合には、損を覚悟で「損切り」(マイナスでの決済)をすることがあります。私もこの「損切り」をすることもありますが、基本しません。いずれ、自分の考えている方向に行く可能性があるということで「損切り」は極力しません。

そこで大事な「OCO」注文

OCOとは、例えば「1ドル=110円」でドル円の買(ロング)を持っていて「1ドル=115円」になったら利益(プラス)決済の指値で売りを入れるのと一緒に「1ドル=105円」になったら損益(マイナス)決済の逆指値で売りを入れる、2つの決済注文の事です。どっちかの決済が成立したら自動的にもう一つの決済注文はキャンセルになります。

しかし、この情報ですとマイナスでの「損切り」が発生してしまう感じですよね?

利益を追いかける!

例えば、ドル円の取引です。色々なニュースなどの情報を頭に入れた上で「1ドル=110.50円」でドル円の買(ロング)をしました。短期の予想は「1ドル=111.00円」

予想通りロングの方向に進んでいき「1ドル=110.70円」になりました。ここで「OCO注文」を入れます。

指値は「1ドル=111.00円」で、逆指値は「1ドル=110.65円」

このように「OCO注文」を入れておくことで、「1ドル=110.50円」以下のマイナスでの決済はなくなり、最低でも「1ドル=110.65円」でのプラス決済ができることになります。

もっと利益を追いかける!

もし、先程の注文がさらにロングの方向に進んだ場合には、OCO注文の値を変更させていきます。

さらに予想通りロングの方向に進んでいき「1ドル=110.90円」になりました。ここで「OCO注文」を変更します。

指値は「1ドル=111.00円」で、逆指値は「1ドル=110.85円」

このように「OCO注文」を変更していく事で、同じく「1ドル=110.50円」以下のマイナスでの決済はないですし、最低でも「1ドル=110.85円」でのプラス決済ができることになります。

【実践例】FX利益確保の損切り方法!「追いかけっこFX」OCO活用

では、こちらをみてください。

ユーロドルのショート(売り)注文動画-1分足

1ユーロ1.1869付近、ここからユーロ売り(ドル買い)が進むと考えますので、「ユーロドルのショート(売り)」を10,000通貨(証拠金・約49,244)入れます。そして、待ちます…

ユーロドルのショート(売り)注文後-1分足

少し下がり始めました。1ユーロ1.1869付近から1.1867付近へ…。まだ利益の幅が狭い為、OCO注文は入れられません。まだ待ちます。

ユーロドルのショート(売り)注文後-5分足①

なかなか考えていた方向(下にさがる)にはいかず、1ユーロ1.1890まで上がってしまいました。そして待ちました。すると、1ユーロ1.1870まで下がってきました。注文した1.1869付近ですので、まだ利益出てませんので待ちます。

ユーロドルのショート(売り)注文後-5分足②

先程のチャートと見比べると、下がったのが分かると思います。1ユーロ1.1857付近まで下がりました。利益の幅が出てきましたので、OCO注文を入れます。こちらの動画です。

ユーロドルのショート(売り)注文に対するOCO注文

1ユーロ1.1869から1.1856まで下がりました。ここで、1ユーロ1.1869のショート(売り)注文に対して、OCO注文を入れます。

まず、1ユーロ1.1869のショート(売り)注文を開き、評価損益がプラスになっていることを確認、1300円付近のプラス表示になっています。

注文区分を通常からOCOに切り替え、OCO1と OCO2に決済注文(買い)を入れます。OCO1には、逆指値として最低でも取れる利益幅の値を入れます(OCO1→1.1859)。そして、OCO2には、指値として最高の利益幅の取れる可能性の値を入れます(OCO2→0.9400)。このOCO注文を入れました。

ユーロドルのショート(売り)注文後-10分足

その後、1ユーロ1.1852まで下がりましたが、それ以上は下がらず上がりました。OCO注文をしたことで、1ユーロ1.1869のショート(売り)注文を、OCO1の逆指値として最低でも取れる利益幅の値、1ユーロ1.1859でプラス決済する事ができました。結果の利益は1012円です。利益は少ないですが、このやり方は、FXど素人の私が利益を積み重ね、毎月平均20万円になるには必然の方法です。

もし、OCO1の逆指値として最低でも取れる利益幅の値、1ユーロ1.1859で決済されずに、もっと下がった場合には、OCO1の決済注文の値を利益を追いかけるように変更していき『追いかけっこFX』を繰り返します。

取引の経験値が大切

やり方は沢山ありますが、参考程度に捉えてください。何度もFX取引を積み重ねていくと、やり方や方法論などが見えてきて経験値が上がります。まずは、自分なりに取引をしてみましょう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました